TOPICS

【豆知識】パッド印刷の特徴

2020/11/18


■パッド印刷
インクを載せたシリコンゴムのパッドを、スタンプのように商品に押し付けて印刷する方法です。シリコンパッドに弾力があるため、多少の曲面にも名入れできます。繊細なデザインも再現できるため、名入れ範囲の狭いボールペンなどにお勧めの印刷方法です。

▼主なパッド印刷対応商品
ボールペン・マグカップなど印刷範囲が狭い商品や場所

■パッド印刷の注意点
細かいデザインの再現について
線幅0.1mm以下のもの、抜き幅(隙間)0.3mm以下のものは、つぶれ・かすれ・消えてしまう可能性があります。
また同じデザインでも、画像データよりはIllustratorのパスデータの方がきれいに仕上がります。

・グラデーションや中間色の印刷はできません。
・インクは1色1色はっきりと色が決まっており、デザインデータ上でいうと全て濃度100%になります。
・同じ色で濃度100%、50%といった指定はできません。
・例えば、デザインデータで黒100%と黒50%(グレー)を指定されても、1種類のインクでは再現はできません。
・グレーを再現したい場合は、グレーのインクで印刷になります。

・広いベタ面では印刷にムラができることがあります。
・印刷手法上広いベタ面はインクが均一になりにくく、印刷にムラができることがあります。
・塗りつぶしになるようなデザインはできるだけ避けたほうが仕上がりがきれいになります。

・外側の飾り枠は歪む場合があります。
・特に印刷範囲ぎりぎりに設定された細い二重の枠線などは、線が歪んだりすきまのつぶれが発生する可能性があります。
・印刷範囲の内側に余裕をもって作成していただくか、枠線をつけない、または二重線にせず太めの一本線にするなどでご調整ください。

The following two tabs change content below.
Avatar
愛知県名古屋市に本社を構え、創業明治3年からノベルティの制作・企画・提案を行っている歴史ある会社です。
亀忠のノベルティグッズ制作
一覧へ戻る