コラム

防災備蓄品の保管

2022/8/4

 

 

 

災害に備えて、企業では飲料水や食料品、毛布などの

防災備蓄品を保管しておかなければなりません。

防災備蓄品は普段使うものではないため、倉庫に無造作に置いている企業も少なくありません。

しかし、いざというときにしっかり保管しておかないと、何がどこにあるか分からないでは

意味がありません。

今回は弊社のお客様の保管例や保管の注意点を報告します。

 

1 日にちごとに分ける。

会社に滞在する社員様向けに滞在日数に分けて保管

 

2 商品ごとに保管

いざという時に速やかに配布できるように棚に商品ごと分類する

 

3  屋外の倉庫に保管する場合は定期的に換気を

夏の時期は熱で商品が傷んでしまうため

 

The following two tabs change content below.
Avatar

株式会社亀忠 編集部

愛知県名古屋市に本社を構え、創業明治3年からノベルティの制作・企画・提案を行っている歴史ある会社です。