株式会社 亀忠

TOPICS|ノベルティグッズ, 記念品,贈答品,防災グッズの事なら株式会社亀忠

【初めての防災品購入】

2020年05月25日

今回は初めて企業として防災品を備蓄する場合の方法などをお伝えします。

備蓄は考えているけどまず何から始めればよいのか?

そういった疑問にお答えいたします。

まずは備蓄ステップ順に①から⑤番までを考えましょう。

 

1予算

2 置き場所

3 何を備蓄したら良いか?

4 備蓄品の種類

5 備蓄後の計画

 

1 予算

まず備蓄するにあたって希望商品を全て備蓄する事はできません。

予算を確認します。

注文方法は、備蓄品をまとめて発注する場合、または予算に応じて今期は1商品のみなど色々な

パターンがあります。

通常社員様が100人の企業ですと約70万くらいの予算がかかります。

食品 衛生用品(トイレ)ブランケットを購入した場合です。

 

2 置き場所

備蓄するにあたって困ることは置き場所の問題です。

どこに置いてよいか… 最初に置き場所を決めましょう。

一番おすすめが、社員様にすぐ備蓄品を渡せてすぐに逃げることができる場所です。

1階の正面玄関の近くの倉庫…など。

有事の際備蓄品を手渡ししやすい、避難がしやすく逃げ場が多い場所を選びましょう。

基本階が上になるほど逃げ場が少なく混乱してしまうため1階がおすすめです。

また納品、入れ替えの際が楽です。

外の倉庫に置くという点もあります。 ただ夏の暑い時期などには食品が傷む恐れが

あるのでなるだけ直射日光の少ない暗い場所を選びましょう。

また外の倉庫に備蓄する場合、週2回ほどこまめに換気もしましょう。

弊社では備蓄品の置き場所のスペースも試算できます。

 

3 何を備蓄すればよいのか?

最低限必要なものは水 食料品3日分 携帯トイレ3日分 ブランケットなどです。

被災に会いライフラインが普及するのに3日かかるといわれておりますので3日分の備蓄がおすすめです。

ただ最近では2次被害を想定して7日分備蓄する企業様も増えております。

 

4 備蓄品の種類

備蓄品には消費期限があります。

通常5年 7年 最長で25年備蓄できる備蓄食品もあります。

一般的に多いのが5年 7年備蓄品です。

5年備蓄品のメリットは品揃えが多いということです。

7年備蓄品のメリットは商品により5年備蓄品よりも金額が安くなるという点です。

また備蓄にあたって消費期限の同じ商品を備蓄が望ましいです。

5年備蓄 7年備蓄品をまとめて備蓄する場合管理が大変です。

備蓄にあたって消費期限の同じ商品の備蓄が望ましいです。

また備蓄食品も直ぐに食べることができるレトルト食品、水やお湯を入れて食べることができる

アルファー米などがあります。 近年ですと食べるまでに30分以上待たないと食べることのできない

アルファー米よりもすぐに食べることがができるレトルト食品またはクッキー、パンなどが人気です。

 

5 備蓄後の計画

備蓄した後で消費期限が近くなった商品の処理を考えます。

一番多いパターンが社員様に配布される企業が多いです。

次に寄付です。 社会福祉法人などに寄付された商品は生活困窮者の方々に

配布されます。

 

以上をもって備蓄をすすめてください。

【新型コロナウイルスから学ぶ企業の備蓄について】

2020年05月08日

【マスク・除菌ジェルの必要性】

今回、コロナウイルスの影響によって、様々な企業で商品の欠品など、甚大な被害が起こっております。

 

その影響は防災備蓄用品にも波及しており、マスクや除菌ジェル、除菌ウェットティッシュに関しては、
商品の入荷に目途がつかない状況にあります。

 

特に防災備蓄用品の中でも、今回のコロナウィルスの影響で、マスクと除菌ジェルの必要性が重要視されております。

 

ただ、マスクの種類や除菌ジェルをどれ位の数量で備蓄したら良いのか?
その必要性についてお話させていただきます。

 

■マスクの種類
マスク規格

上記の画像の通り、マスクには対応している種類があることを皆さんご存じでしょうか?
主に「PFE・VFE・BFE」の3種類の表示があり、そのマスクの性能を表す基準値になります。
※単位=µmとはマイクロメートル(1000分の1mm)
※必ず防げるというものではございませんのでご注意ください。

 

PFE:0.1µm ラテックス粒子
目的:インフルエンザウイルス・SARS・結核菌・ノロウイルスなど

 

VFE:0.1~5.0µmの粒子
目的:インフルエンザウイルス

 

BFE:3µm 細菌を含む粒子
目的:花粉やウイルス飛沫(咳/くしゃみ)をカット

 

まだ、今回のコロナウイルスの試験結果は出ていないため、防災備蓄用品のマスクに関してはPFE対応のマスクを選ぶのが最適かと思います。

 

■弊社取り扱い商品

除菌ジェルウイルス除菌剤

 

■マスクの備蓄枚数
まず、最低でも使い捨てマスクの場合は、1日1人1枚は必要になります。
今回のようにパンデミックが起きてしまうと、最低でも「3ヵ月」は、事態の鎮静化に時間を要するため「3ヶ月分」の備蓄枚数が必要となってきます。

 

例)社員が100人の企業(完全週休2日の場合)
・1人:1枚×1ヵ月20日(営業日)×3ヵ月
1×20×3 1人に必要な備蓄枚数 60枚
・100人:60枚×100人
60×100 100人に必要な備蓄枚数 6,000枚

 

■除菌ジェルの必要性
今までの防災備蓄用品にはウェットティッシュは含まれておりましたが、今回を教訓に除菌ジェルの必要性が重要視されています。
また、除菌ジェルの成分はエタノールになりますので、濃度によっては保管方法に気を付けなければいけません。

 

アルコール度数が高ければ高いほど除菌には効果がありますが、高すぎると皮膚への影響もあるので慎重に検討しなければいけません。
今回のコロナウイルスは、手や皮膚の消毒を行う場合には、消毒アルコール(70%)以上が、有効であることが分かっています。
※詳しくは国立感染症研究所の HP「新型コロナウイルス(2019-nCoV)」に 掲載の関連するガイダンスをご参照ください。

 

できればアルコール度数が70%以上の除菌ジェルやスプレーを保管することをおすすめします。
※アルコール度数が高いほど保管には十分注意してください。

 

■除菌ジェルの備蓄量
除菌ジェルを使用する用途をトイレの後と仮定して考えますと、成人が1日にトイレへ行く回数は平均約5回、その際の除菌ジェル使用量は約2mlのようです。

 

例)社員が100人の企業(完全週休2日の場合)
・1人:5回×2ml×1ヵ月20日(営業日)×3ヵ月
5×2×20×3 1人に必要な量 600ml
・100人:600ml×100人
600×100 100人に必要な備蓄量 60,000ml
※1個500mlの除菌ジェルだと120本

 

あくまでも参考になりますが、このように前もって防災用品の備蓄をすることによって、今回のパンデミックはある程度防げるのかもしれません。

 

弊社取り扱い商品

除菌ジェルウイルス除菌剤

【延長・新型コロナウイルス感染拡大予防措置のためのテレワーク実施のお知らせ】

2020年05月07日

弊社は、緊急事態宣言の延長を受け
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け
5月7日から5月15日まで、一部社員を除き
原則として在宅勤務(テレワーク)を延長する事となりました。

お客様、関係各位におかれましてはご不便お掛けいたしますが
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

専門のスタッフがお客様のご要望に合わせてご提案させていただきます。まずはお問い合わせください。

TEL052-914-0220受付:平日 8:30〜18:00

To Page Top